1. まちの専門家グループHOME > 
  2. 【開催報告】より充実したサービスのために!「第7回 士業勉強会・懇親会」

最新情報のご案内

2017.04.18

【開催報告】より充実したサービスのために!「第7回 士業勉強会・懇親会」

4月13日(木)にリッチモンドホテル武蔵小杉にて「まちの専門家グループ 士業勉強会・懇親会」を開催し、
総勢20名の専門家・スタッフが参加しました。

7回目を数える今回の勉強会では(株)ラックコンサルタントの八木橋FPが講師となり、「エンディングノート活用術」をテーマに約45分の講義を実施しました。

これまで各労働組合や金融機関などで幾多も実施し、その都度、受講者から好評を得てきた「エンディングノートセミナー」。
ここで改めて「今、なぜエンディングノートのセミナーが必要なのか」を解説することで、
遺言や家族信託をはじめとする「終活」の重要性について、専門家一人一人の理解がより深まったようです。


懇親会では(株)ラックコンサルタントの溝淵社長から2016年度の活動状況が報告され、「まちの専門家グループ」の無料会員数が7,000名に達したことを発表しました。
溝淵社長は今後、会員数10,000人をめざすと共に、より充実したサービスを提供するため、専門家に向けて一層の結束を求めました。

約2時間の会合となった「士業勉強会・懇親会」。
参加した専門家たちは様々な知識の習得や情報収集、また士業間の交流の場として、とても有意義に過ごすことができたようです。

勉強会はプロジェクターから投影された資料をもとに進行。

勉強会はプロジェクターから投影された資料をもとに進行。

会合には総勢20名の専門家が参加しました。

会合には総勢20名の専門家が参加しました。

講師を務めた八木橋ファイナンシャルプランナー。

講師を務めた八木橋ファイナンシャルプランナー。

これまでの活動実績と今後の展望を説明する溝淵社長。

これまでの活動実績と今後の展望を説明する溝淵社長。

※上記内容に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりどうぞ

まちの専門家グループの会員にご登録頂くと7つのメリットがございます。 無料会員登録はこちら ご利用者様の声はこちら"